2006.02.17

人間にも埋め込みチップ

社員の体内にICタグ・米社の個人認証めぐり論議

監視サービス会社CEOが率先、従業員も体内チップ埋め込む

以前にも、メキシコ検事局の一部の人にチップを埋め込んだ例を紹介したが、今度は米国での話し。
シンシナティの監視サービス会社が実験的に始めたそうな。米粒程度のICチップを腕に埋め込む。現在は"読み取り機の下に腕を差し出せば、ドアが開く"程度の実験だそうだ。
管理する側にとっては非常に有用な機能だ。この人間はどのような人間で、何処におり何をしようとしているか、リアルタイムにキャッチできる。

まず安全確保という名目から児童に、さらに安全確保という名目から犯罪人に、そしてセキュリティと効率化で公務員に、そしてそして・・・一般国民に。人も在庫管理の対象に。いつの世か、豚、犬同様になっていくのか。俺には関係ないだろうが・・・

| | Comments (184) | TrackBack (0)

2005.04.19

AdobeがMacromedia買収

AdobeがMacromediaを34億ドルで買収”(ITMedia News)というNewsが飛び込んできた。
”SunとMicrosoftが提携”にも驚いたが、それ以上の衝撃を受けた。両社の有名ソフトを愛用・常用している。愛用しながら、その高価格に不満を抱いていた。競合するソフトが多いライバル両社が、互いに競いながら価格が下がることを期待していたのだが...。その両社が一緒になってしまい、価格が下がるどころか、巨大な独占企業誕生で高価格が維持されてしまう。OS・ビジネス関連でMicrosoft、Web・グラフック関連でAbodeと独占の住み分けだ。これでは中華の海賊屋さんがますます繁盛するだろう。

| | Comments (218) | TrackBack (0)

2005.04.09

三洋電気㈱の新人事

会長兼CEO”野中ともよ”という記事を見て、”あのNHKの?、まさか!”と。あちこちのNewsサイトを探し、その写真を見て”やっぱり”と驚いた。お茶の間でも知られた元NHK女性キャスターなのだ。紹介記事の内容を見ると、その後の経歴がすごい。いくつかの大手企業の要職(今話題のニッポン放送取締役にも)、そして多くの政府審議会や委員会で委員を務めたそうだ。 今、悪評のNHKにもこうした人材がいたんですね。そして流出している。現在、天災(新潟県中越地震)などの影響で苦戦中の三洋電気㈱だが、”野中さん、がんばって!!”とつい声をかけたくなる。

ところが、社長兼COO”井植敏雅”がいただけない。創業家への大政奉還だろうが、今時こんな経営をやっている会社は??だ。政治にろ、経営にしろ、どんな世界でも”二世”とか”世襲”ではダメだ(その代表が”アベ”と”ツツミ”だと、俺は思う)。変な気配りが入りこみ、自由闊達の雰囲気が壊されてしまう。

アア!三洋電気、でも”野中さん、がんばって!!

| | Comments (88) | TrackBack (0)

2004.11.25

IE離れ?

Eのシェア、ついに90%台を割り込む――米調査報告

海外での調査だが、IEのシェアが90%を割り込み、Mozillaの新しいFirefoxブラウザへの乗り換えが進んでいるそうな。
私も1年位前からタブプラウザ型の無料プラウザを使っている。試しに使ったら、その使いやすさから手放せなくなってしまった。しかしこの無料プラウザは、基本部分のエンジンはIEのものを流用しており、IEと連動している。IEが無ければ動かないプラウザなのだ。だからIEを使っているが、見た目はIEではない、という状態だ。

Microsoftのプラウザ「Internet Explorer」は、そのVersion5.5までは”またバージョンアップかよ・・・・”というぐらいすこぶる変化が激しかった。ところがIEの市場独占が確立したVersion6.0からは、開発を止めたんじゃないかというぐらい静かになった。SP2で少し改善が加えられたくらいか。
またぞろプラウザの激動がやって来るんだろうか?。お遊びでWebプログラミングをかじっているが、今はIE6.0だけを念頭にコードを書けばよい。ところが数年前までは、複数のプラウザ間での、またそのVersion間での互換性に大変悩まされたものだ。だからIEの寡占状態が続いて欲しい、という気持ちがあるが....。でも現状のM社の独占状態はおかしいよな!。

| | Comments (183) | TrackBack (0)

2004.11.17

フィッシングメール

Yahoo! JAPANをかたる日本語フィッシングメールが登場、手口はさらに巧妙に」(ITmediaニュース)

もし「プロパイダより」として、
”ただ今、会員ユーザー様の登録内容を再確認中です。下記のページをご覧ください。”
というもっともらしいメールを受け取ったらどうするか?。
その”下記のページ”を開いてしまうと思う。そのページは当プロパイダのWebサイトと同じ作りになっており、再確認内容として、名前・住所・Mailアドレス・パスワードなどを要求されるとどうするか?。さすがの俺でも、つい再確認に答えてしまうような気がする。

これからはこうした偽メール、偽サイトが増えるのではないだろうか。現在のネットには盲点が多すぎる。十年後位にはそれらの盲点は潰され、安全になるだろう。しかしそれまでの過渡期には、被害を受けるヤツ、儲けるヤツ・・・、マァいろいろあるわな。

”XX銀行です。このたび○○銀行と統合され、新しい銀行に生まれ変わることとなりました。つきまして、あなた様の口座番号を再確認させていただきます・・・・”

| | Comments (62) | TrackBack (0)

2004.11.02

米Gateway再参上!

Gateway、12月に日本再参入~3年振りの日本市場復帰へ

米Gatewayがまた日本にやって来る。あの悪夢がよみがえる。俺を見捨てて、突然夜逃げしたヤツだ。あれから3年、今おれの心が揺れている。
Gatewayマシン(Windows98)を今でもメインに使っているが、そろそろ買替え時かなと感じていた。そしてeMachines機に注目していた。ところがなんとGatewayがeMachinesを買収してしまい、日本に再参上するという。マシンに過去の怨念は不要で、良いものは良いと割り切るか....。でも3年では不信感は振り払えない....。

| | Comments (247) | TrackBack (1)

2004.08.06

架空請求事業者「ワースト30」

8/4日、国民生活センターは架空請求を行う事業者名を、消費者からの申請に基づき件数の多かった順にWeb上で公開した。 <http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20040804_3.html
2003年度は、架空請求の相談件数はに46万2675件、平均請求金額は12万7210円。急増しているという。

1年程前、俺のところにも一度きたことがある。文面を最初に見た時はドキッとしたものだ。無知な人、気の弱い人は、つい振り込んでしまうんではないだろうか。こうした脅迫的な詐欺行為が、年々増加しているのは儲かっているからだろう。銀行口座の利用停止、関係各省庁への連絡、ユーザーへの注意呼びかけなどの対策はよく耳にする。しかし業者が逮捕されたというのは聞いたことが無い。こんな脅迫的な詐欺行為は、罰則強化し徹底的に逮捕するしか減らないだろう。"winny”をやっつけた京都府警さん、そのIT技術でこうした悪質業者を一網打尽してナ!

| | Comments (763) | TrackBack (0)

2004.07.16

体内に埋め込みチップ

メキシコ検事局、職員の体内にチップを埋め込む

メキシコの検事長と160人以上の検事局職員は、本部の立ち入り制限区域に入るための米粒サイズのマイクロチップを腕に埋め込まれ始めた。向こう数カ月でもっと多くの人がチップを埋め込まれる予定で、メキシコの軍、警察、ビンセント・フォックス大統領オフィスの職員の主要メンバーがこれに続くという。これは、動物には広く使われているが、人間には使われていない技術の先駆的な使い方だそうです。最終的にはメキシコ政府職員に、ある時刻にどこにいたかを追跡できる埋め込みデバイスの開発だそうだ。

半月ほど前にはMicrosoftが、人体に電極を取り付けて電力の供給原としたり、人と人が接触することで電力や信号を伝えたりするといったように、人体を通信媒体として使った携帯電子機器のネットワーク化を提案していた。

ヒトが、動物のように、ロボットのようにとことん管理され利用される時代がくるんだろうか?。管理される側は?、管理する側は?。ヒョットしたら管理者は、ヒトではなくシステムだったり、機械だったり....?。いろいろ想像が沸きおこってくる。俺には関係ない時代だろうが......

| | Comments (90) | TrackBack (0)

2004.07.11

MS離れ?

脆弱性で敬遠? ブラウザシェアで、IEが久々の95%割れ
”Web解析サービス会社の米WebSideStoryによると、Internet Explorerが「1999年の調査開始以来初めて」、前月比でブラウザシェアを1ポイント失った。一方でMozilla・Netscape陣営は、シェアを3.21%から4.05%に伸ばしている。”

Linuxは西欧でニッチから主流の領域へ
”調査会社IDCのアナリストによると、Linuxとフリー”ソフトを基盤としたサービスの市場は現在、西欧のITサービス市場でシェア1%に満たないが、ニッチを抜け出して主流の領域に浮上しようとしている。”

とはいえ、IEの”6月4日に95.73%だったシェアも、7月6日には94.73%に低下”といった程度の数字でしかない。Windowsに対抗するLinuxにしても”シェア1%”程度の数字だ。もっともっと”MS離れ”が進み、OS市場、ソフト市場とも価格競争が激化して欲しいものだ。そもそも”Microsoft分割”の話はどこへ行ってしまったのだろう?。保守的な”アホのブッシュ”登場でいつのまにか消えてしまった。
WindowsOSが高すぎる。日本橋を歩いていると、5万円前後のショップブランドPCを見かけ、つい立ち止まる。でもよく見るとOSは別で、OSを入れると7万ぐらいになってしまい、魅力はなくなる。MS製品は、競争がないせいか価格が下がらないのだ。

| | Comments (215) | TrackBack (0)

2004.07.02

オンライン銀行口座にご用心!!

「新たなトロイの木馬攻撃で浮き彫りになるIEの危険性」(ITmediaニュース

IEの脆弱性を利用しユーザーのPC内にプログラム(スパイウェア)をしかけ、こっそり銀行サイトへのログイン情報を盗み出す。現在、こんな”トロイの木馬”が出回っているそうな(米国で)。
現在、この危険性を防ぐ手立ては無いようで、IEを使用するのを止めるしかないという。しかしIEはプラウザ市場を支配し業界標準となってしまっている。DHTMLやVBScript、ActiveXといったIE特有の機能は既に多くのサイトで使われ、IEでなければプラウジングに支障が生じるケースも多い。また、IEを使用停止にしても、IEはシステム的にOSと密接に統合されているので、”ほかのプログラムがIEやWebBrowser ActiveXコントロール、IEのHTMLレンダリングエンジンを呼び出すこともある”ということになり、危険性を完全に防ぐことはできない。

私も先日、IEのスタートページを改変してしまうプログラム(スパイウェア)の削除に大変苦労した。知らないうちに自分のパソコン内に侵入し、仕掛けをする。こんなことが簡単にできてしまう現状に腹が立ったものだ。一番の問題は”ユーザーのマシンに実行可能なプログラムをあまりに簡単にインストールできてしまう”ということだろう。”危ないサイトには近寄るな”とよく言われるが、危ないか、危なくないかは近寄ってみないとわからん!。
私も銀行口座をオンラインで利用できるようにしているが、まだ利用したことはない。月末の家賃の振込みが大変混雑するので、オンラインでしようかと考えていたが、止めることにした。

| | Comments (1163) | TrackBack (0)