2006.03.31

村岡 冤罪<一億円の闇>

自民党旧橋本派への1億円ヤミ献金事件で30日、東京地裁は元会長代理村岡に無罪の判決を出した。村岡は冤罪で、濡れ衣を着せられたことになる。
日本歯科医師連盟から橋本派「平成研究会」に大金が渡った。これを当時会長代理だった村岡の指示で会計担当者が裏金処理したとされる。村岡の指示が無かったとなると、一体誰の指図なのか?。派閥の会計担当者の独断で、とは到底思えない。

判決で以下のように述べられている(asahi.comより)
「橋本元首相などに累が及ぶのを阻止して派閥への打撃を最小限に食い止め、献金実務を切り盛りしていた元宿事務局長に捜査の手が及んで自民党全体に事件が波及し、不透明な献金処理が明らかになるのを阻止するため」だと指摘。そのうえで「落選・引退した幹部の名前を挙げ、信憑性(しんぴょうせい)の高さをうかがわせる虚偽の供述をした可能性がある」とした。

権力と検察のクラ~イ闇を感じさせる事件だ。この事件もだんだん風化し忘れられようとしている。悪いヤツほどよく眠らしちゃアカン。

| | Comments (191) | TrackBack (0)