2008.06.02

史上最強コンピューター囲碁ソフト

5月初め、将棋アマ名人がコンピューター将棋ソフトと対戦し負けた、というニュースが。アマのタイトル保持者が公開の場で将棋ソフトに敗れるのは初めてという。将棋の世界ではコンピュータが強くなってきたので、面子確保のためか日本将棋連盟はプロ棋士が無断でソフトと対戦することを禁止したとか。チェスの世界でもコンピューターが人間チャンピオンを破った、とのニュースを以前見たことがある。

私は囲碁を趣味としている。若い頃は街の碁会所で腕を磨き、そしてよく勉強もした。それでも実力は二級か初段くらい。それから数十年、最近はテレビ観戦とパソコン囲碁ソフトとの対戦だけ。さらに腕を下げたことと思う。そんな私でも囲碁ソフトとの対戦は居眠りしながらでも大勝する。「もっと強いヤツはいないのか!」と常々思ってた。コンピューターの性能も上がり、プログラミングも進化してきたので、囲碁でもより強いソフトが出現しているだろうと、ネットで探してみる。その結果、現在世界最強の囲碁ソフトは「銀星囲碁八」(株式会社シルバースター)ということがわかり、さっそく日本橋へ走り入手。

以前の囲碁ソフトに比べ、若干”カタチ””筋”が良くなった気がする。でも銀星クンは中盤から延々と考えこむ。20分、30分と平気で考慮時間をとる。そして強手、妙手を打ってくるかと思いきや、たいした手も打ってこない。いつも私の大勝で、ガッカリ。勝負にならないのだ。

囲碁の場合、プログラミングが難しいのかナ。将棋やチェスはスタート地点の駒の位置が決められており、さらに駒の進み方も決まっている。こうしたゲームならコンピューターは得意かもしれない。駒の動きをしらみつぶしに追跡し、プログラム処理が可能だろう。ところが囲碁はどうか。駒(碁石)のスタート地点も決められていなければ、打つ位置も決まっていない。広い盤上のどこにでも自由に碁石を置いてよいのだ。これを白黒相互に繰り返していく。だから無限の進行が予想される。これをデータ化しプログラミング化するのは並大抵のことではないだろう。人間は直感というか第一感とかで、過去の経験や学習をもとに善悪価値判断して即決できる。コンピューターは無限に近い進行を推理し、蓄積された膨大なデータの中から最善手を探し出す。私が1秒でできる判断を、コンピューターは何分もかけている。そしてポカな手を打ってくる。はやく私を負かすコンピューター囲碁ソフト、現れよ!!。

ところで上記の「銀星囲碁」の開発元は北朝鮮とか。囲碁が盛況かつ強いのは日本、中国、韓国で、北朝鮮の囲碁というのはあまり聞いたことがない。外貨稼ぎに、ヒマな軍部の情報部門あたりが時間をかけてコツコツとプログラミングしているのかナ、と想像してしまう。

| | Comments (1104) | TrackBack (0)

2006.04.05

UMPC製品、登場

噂の"Origami"規格を満たした「Ultra-Mobile PC」(UMPC)製品が、日本でも販売されることになった。(ITMedia News 2006/4/4)

Tablet PCメーカーのPBJが9万9800円(税込み)で予約受け付けを始め、14日に発売開始する。Windows XP Tablet PC Edition 2005、メモリ512M、HDD 40G、USB×2、無線LANを搭載する。まずまずだと思う。
サイズが、228(幅)×146(奥行き)×25.1(厚さ)ミリ。これがやや不満。私の持っているソニーの「VAIO type U」は18cm*14cmだ。キーボード無しなら、これ以下にして欲しかった。次に、画面解像度が800×480。これが気に食わない。VAIO Uは1024*768を実現しているのだ。小型携帯PCはあくまでもサブマシン。主マシンの補助ツールみたいなものだ。主マシンのDesktop PCにある各種データを、外出先で参照・活用するのが小型携帯PCの役目だと思っている。その場合、主マシンと画面解像度が異なれば大変困るのだ。1024*768を前提に作成しているデータを、それ以下の解像度で見ると非常に見づらい。データのレイアウトも崩れてしまう場合もある。
多分、文字が小さくなってしまうのを避けるため800×480にしたのだと思う。私もよく”そんな小さい字、よく見えるネ!”言われる。私に言わせれば、携帯電話のあの小さな文字を、よくスラスラ読み書きできるものだと感心する(私は、未だに携帯電話未使用の非文明人ですが。。。)。それは手に持ち、顔に近づけているから可能なのだ。携帯ゲーム機も同じ。それじゃ小型携帯PCも同じでいいんではないか。私は壁に背もたれし、片手でVAIO Uを持って使っている。
あと気になるのがバッテリー駆動時間だが、公表されていない。

やはり”第三世代”を待つべきだだろうか?
それにしても、ソニーの「VAIO type U」は何故 製造中止になってしまったのか?。コスト高?、トラブル?、需要無し?

| | Comments (374) | TrackBack (0)

2006.03.11

Origami

私は3年ほど前からソニーの「VAIO type U」を愛用している。18cm*14cmの超小型サイズながら解像度1024*768でWindows XPが使えるのだ。簡単に持ち運びでき、何処でも片手でPCを使える。移動中に音楽プレイヤーとしてもよく利用したものだ。本当に便利だった。
これが最近、時々調子がおかしい。バッテリー駆動時間も30分くらいに。そろそろ代え時かな、て思ってる。ところがこれに代わる代替品が見当たらない。「VAIO type U」タイプは、需要が無かったのか製造中止になっている。これに近い製品として富士通から新製品が出たが、これとてやや大きく、価格も20万以上する。どうしたものかと思っている時に、海の彼方から注目すべき情報が流れてきた。

Microsoftの「Origami」プロジェクトと、IntelのUltra-Mobile PC(UMPC)の発表だ。Windows XPを搭載し、タッチスクリーンとペン/キーボード入力機能を備え、ノートPCと携帯電話の中間に位置する小型軽量のPCだという。もう少し情報を集めてみたい。それにしても”折り紙”とは!!??

| | Comments (417) | TrackBack (0)

2005.12.06

カノープスもなくなる?

仏Thomsonがカノープスを買収し、完全子会社化するという。また愛着のあったPC関連企業が消えていく。Windows3.0を始めるため、そのビデオカードを購入したのが始まりで、今でもTVキャプチャーボード、MPEG編集ソフトなどを愛用している。また同じ関西(神戸)の企業だったこともあって親しみを感じていた。

コンシューマー製品は今後も開発・販売を続ける、といっている。しかしThomsonは、放送局や映画制作向け映像機器事業など業務用機器中心の企業。そうした業務用機器にカノープスの映像技術を活用していくそうだ。もうカノープスとの縁も無くなるだろうか。

| | Comments (46) | TrackBack (0)

2005.11.08

iiyamaが民事再生

PC用ディスプレイ製造販売のイーヤマ(長野市)が11月7日、民事再生手続きの開始を東京地裁に申し立て、保全命令を受けた。

iiyamaといえば、カノープスとともに私にとっては印象深い会社だ。NECのPC98が全盛の10数年前、Windowsがやりたくて、いろいろ研究した。カラー表示できるディスプレイとグラフィックスカードが必須だということがわかったが、当時大変高価だった。一番安価に入手できるものとして、iiyamaの10万円ディスプレイとカノープスの4万円グラフィックスカードを購入し、PC98からWindowsの世界に飛び込んだ。Windows(当時は3.0)は、あの狭く暗いPC98から見ればまるで別世界で、大変感銘したものだ。Windowsは3.1から95、98と進んだが、iiyamaのディスプレイは最近まで長く愛用してきた。

液晶全盛の今、単体のディスプレイメーカーは苦しいと思う。転業がうまくいかなかったのだろうか?
ところで、iiyamaの支援に名乗りを上げたのがあのMCJだという。”ねずみ”が増殖中!!

| | Comments (315) | TrackBack (0)

2005.08.12

"PCジャパン"

MCJ、アロシステム/シネックスと3社連合設立~機構名は「PCジャパン」(仮称)」

シネックスとは初めて聞く名前だが、MCJ、アロシステムは大阪日本橋で今注目を集めている。MCJ(マウスコンピューター)はコストパフォーマンスの良さで躍進中。またアロシステム(パソコン工房)は、ツートップ/フェイス/ユニットコムを買収、吸収合併し拡大中。この3つが提携するという。それぞれ部品調達、製造、販売を担当する。パソコン業界に、大手メーカーとは異なった新しい流れができそう。高い、無駄が多い大手メーカー製品が嫌いなので、今後を大いに期待したい。日本の”デル”へ...。

| | Comments (6283) | TrackBack (0)

2005.06.10

MacがIntel inside

これもビックリするNewsだ。以前からチラホラ噂にはなっていたが現実になるとは。iPodで儲かっているこの時期に勝負をかけたみたい。どこかで勝負を仕掛けないと、3%位までに落ち込んだシェアを回復できず、ジリ貧になってしまう。あちこちNewsを眺めてみると、どうもプラス思考の選択ではなく、こうするしかなかったという追い込まれた選択のようだ。電力消費と放熱の問題も含めPowerPCでは将来の展望が開けない。また最近のIBMはAppleに熱意を示さず、ソニーのプレステ3、MSのXbox 360や任天堂GAMECUBEのゲームに夢中のようだ・・・。Intelプロセッサに乗り換えするしかなかったようだ(AMDという選択肢もあっただろうが・・・・)。

さて、Macも「Intel inside」となるとどうなるんだろ?。Mac機がPC機に変貌する?、WintelがMactelに変わる?・・・。WindowsとMacを行き来しながら併用する・・・。ボロいのはIntelだけか。”Intel ボロクside”

| | Comments (4535) | TrackBack (0)

2005.06.05

住所変更

2年くらい前からおかしな来訪者が徐々に増えてきた。今では1日100人ぐらい訪ねてくるが、俺が知っているのは10人くらい。あとの9割は見知らぬ怪しげな人物だ。うまい話を持ち込むヤツ、”お一人で寂しいでしょう、紹介しますワ”とか、特に多いのが話の通じない異国人。こいつらを撃退するうまい方法はないものか、といろいろ思案してきた。追い討ちをかけるように、”情報漏れにあなた様も含まれていました”だとさ(「アッカーNet***」とかいう会社だ)。

もはや住所を変えるしかないと観念、やっと新しい家を見つけた。現在、引越し中で、今の家に居るのは後10日位。この間に関係先に住所変更通知を済まさなければならない。通知したのに古い住所のまま連絡してくるヤツ、通知さえできないヤツ等々・・・。引越しがいかに大変か身にしみてい今日現在です。

アア!これであいつらの訪問を受けなくてすむ、と思うとホットする。だがワルは知恵を働かす。またきっと探し出してくるだろうな。
以上、メールアドレスのことでした。

| | Comments (141) | TrackBack (0)

2005.05.17

Firefox これは大変だ!!

なんとなく「Firefox 1.0.4 for Windows - 日本語版」を入れてみた。日本ではまだそれほどでもないが、欧州・米国ではかなりシェアを伸ばしIEをビビらせているそうな。これでIE6.0、Sleipnir、Firefoxの3つが共存しているが、今のところ問題は生じていない。タブ切り替え型のプラウザという触れ込みのFirefoxだが、まだこなれてない感じ。タブ表示するのに右クリックメニューを出すか、ファイルメニューで「新しいタブ」を開いておかなければならない。どうも使いにくい。今のところSleipnirのほうが200%使い勝手が良い。でも世界の趨勢はいつか日本にもやってくるだろう。今後Firefoxがかなり普及していくと思われる(新IEの内容次第だが・・・)。
ところでFirefoxで俺のホームページをみるとおかしな表示になる。これは大変だ!!。特にJavaScript関連がやられている。それもそうだろう、MicrosoftのJavaScript解釈自体がわがまま勝手の独自仕様だから。最近仲良しになったSunとMSで、こうした問題を早く解決してほしい。Firefoxに対応さすには大変な作業になる。このままIEの寡占が続いてほしいような・・・・複雑な心境です。ともかく、これは大変だ!大変だ!!

| | Comments (66) | TrackBack (0)

2005.04.24

ウィルスより怖いセキュリティソフト

ついにやってくれましたネ、トレンドマイクロさん。
OSのWindowsUpdate、セキュリティソフトのUpdate、あるソフトウェアのアクティベー***?とか。自分の知らないところでこっそり動いてる。テレビを買ったら、メーカーの社員が周期的に我が家にこっそり入り込み画面を磨いてくれる、というようなもんだ。それ自体はありがたいのだが、何とも不用心な。
いつかこんなことがあると想像してたが...。テストをしないファイルを世界何千万ユーザーに送りつけるとは。これは”犯罪”だ。実験をしてない薬を注射するようなもんだ。
ソフトウェアメーカーには、少々のバグや不備は仕方がない、という甘えがあるんではないだろうか?。そしてユーザー側もそれを受認してる。Norton Internet Security2005では、アイコンをタスクトレイに表示しないように仕様変更された。ところが添付マニュアルには”タスクトレイにアイコンが見えていない場合にはAuto-Protectはロードされていません”と記述したままで、訂正もされていない。これでどれだけユーザーは混乱するか。ソフトウェア業界にも、一日も早く損害賠償制度の確立、消費者保護団体の立ち上げが必要と思う(あったら教えて!)。

私の担任はノートン先生ですが、不満もあったので次からはトレンド先生の教室へ移ろうかナと思ってた矢先です。
トレンドマイクロさん、この業界にすばらしい警鐘を与えてくれましたネ。

| | Comments (29) | TrackBack (3)