« December 2009 | Main

2013.12.06

自転車天国の終焉

自転車って、イイナ!、どこでもスイスイ走れる。そんな自転車に転機が。2013年12月1日から新しい改正道路交通法が適用されることになったのです。ポイントは「道路の左側部分に設けられた路側帯のみ通行可」。これに違反すると、「通行区分の違反により3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」が科される。右側をちょっこら走って、三か月のムショ暮らし、勘弁してほしいナ。
そんじゃ「路側帯」ってなんでしょう?。今まで意識したこもなかったが、ムショ暮らしを避けるには知っておかなければならない。調べると、自転車が通行可能な路側帯というのは、白線1本で車道と区切られたエリアのこと。2本で区切られたものは歩行者専用だそうです。白線の引かれてない道はどうするんでしょう?。
大阪は車の一方通行の道が多く、車に対面し逆走するスリルもまた楽しいものだった。この場合の左側逆走もダメなんだろうナ。自転車は車両扱いだから当然か・・・。

数年前、民間の駐車監視員制度が設けられました。それ以来、交通課のお巡りさんは暇になったのでしょうか?、やたら自転車への監視が厳しくなった。ブレーキは?、ランプは、防犯登録は?、どこで購入されましたか?、などと職務質問まがいのことを経験することが増えてきた。少し酔ぱらっていて、どこで買ったのかすぐに思い出せずしどろもどろしていると、交番へ引っ張り込まれたこともある。
次のような新聞記事(2013/12/6)も見かけました「長さ日本一とされる天神橋筋商店街(大阪市北区)での自転車の通行禁止について、大阪府警は5日、来年1月31日から実施すると発表した」

ああ!、自転車愛好家にとってだんだんつらい世の中になってきた。でも、自転車ってイイナ!

| | Comments (1944) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main