« March 2006 | Main | September 2007 »

2006.04.15

A級戦犯は靖国神社にふさわしい

小沢一郎発言を機にまたまた靖国問題がやかましくなってきたようです。小沢は、靖国神社からA級戦犯を取り除き、国民みんなが参拝できる靖国神社にしよう、という。
それに対して靖国神社側は、いったん神様に祭り上げたものを取り下げるなんてできないと主張する。そもそも靖国神社にとって”A級戦犯”など存在しない、それは”昭和殉難者”なのだと。
靖国神社のホームページには
「戦争は本当に悲しい出来事ですが、日本の独立をしっかりと守り、平和な国として、まわりのアジアの国々と共に栄えていくためには、戦わなければならなかったのです。こういう事変や戦争に尊い生命をささげられた、たくさんの方々が靖国神社の神さまとして祀られています。
・・・
さらに戦後、日本と戦った連合軍(アメリカ、イギリス、オランダ、中国など)の、形ばかりの裁判によって一方的に“戦争犯罪人”とせられ、無惨にも生命をたたれた千数十人の方々…靖国神社ではこれらの方々を「昭和殉難者」とお呼びしていますが、すべて神さまとしてお祀りされています。」とあります。
東条英機などは、日本の独立とアジア共栄のために命を捧げた”昭和殉難者”であって、勝者の連合軍側が勝手に戦犯扱いしたものだ、と靖国神社は堂々と公言しています。

ならばA級戦犯は靖国神社に祭られるのが相応しいではないか。一宗教法人がどのような戦争認識をもとうが勝手だ。それならば本当の”昭和殉難者”をどうするか議論すればよい。私は、靖国神社から奪回すべきだ、と思うが。そしてA級戦犯だけ祭った靖国神社に、天皇、総理以下好きなように行ったらいいじゃないかナ。そして日本の恥をさらしたらいい。

国が”おクニにためにイノチを捧げた”者たちを祭る、ということ自体を止めてしまうことだ。それでは報われない、という心情論がある。じゃ、祭ったら報われるのか?仏教徒もキリスト教徒もみんな神さんにされてしまう。どっかの地域なら宗教戦争が勃発するんじゃない?。

| | Comments (396) | TrackBack (0)

2006.04.05

UMPC製品、登場

噂の"Origami"規格を満たした「Ultra-Mobile PC」(UMPC)製品が、日本でも販売されることになった。(ITMedia News 2006/4/4)

Tablet PCメーカーのPBJが9万9800円(税込み)で予約受け付けを始め、14日に発売開始する。Windows XP Tablet PC Edition 2005、メモリ512M、HDD 40G、USB×2、無線LANを搭載する。まずまずだと思う。
サイズが、228(幅)×146(奥行き)×25.1(厚さ)ミリ。これがやや不満。私の持っているソニーの「VAIO type U」は18cm*14cmだ。キーボード無しなら、これ以下にして欲しかった。次に、画面解像度が800×480。これが気に食わない。VAIO Uは1024*768を実現しているのだ。小型携帯PCはあくまでもサブマシン。主マシンの補助ツールみたいなものだ。主マシンのDesktop PCにある各種データを、外出先で参照・活用するのが小型携帯PCの役目だと思っている。その場合、主マシンと画面解像度が異なれば大変困るのだ。1024*768を前提に作成しているデータを、それ以下の解像度で見ると非常に見づらい。データのレイアウトも崩れてしまう場合もある。
多分、文字が小さくなってしまうのを避けるため800×480にしたのだと思う。私もよく”そんな小さい字、よく見えるネ!”言われる。私に言わせれば、携帯電話のあの小さな文字を、よくスラスラ読み書きできるものだと感心する(私は、未だに携帯電話未使用の非文明人ですが。。。)。それは手に持ち、顔に近づけているから可能なのだ。携帯ゲーム機も同じ。それじゃ小型携帯PCも同じでいいんではないか。私は壁に背もたれし、片手でVAIO Uを持って使っている。
あと気になるのがバッテリー駆動時間だが、公表されていない。

やはり”第三世代”を待つべきだだろうか?
それにしても、ソニーの「VAIO type U」は何故 製造中止になってしまったのか?。コスト高?、トラブル?、需要無し?

| | Comments (374) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | September 2007 »